永住許可申請(えいじゅうきょかしんせい)

永住許可とは、『在留期間を制限されることなく、日本に住み続けられるようにするために必要な、法務大臣からもらう許可』のことです。

この許可をもらうための申請手続きが『永住許可申請』です。

 

―永住許可を得るための要件―

1 素行が善良であること

 日本の法律を守り、日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいることを言います。

2 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

 日常生活において公共の負担にならず(生活保護などの補助を受けておらず)、本人の収入や同世帯での合計収入で安定した生活を営めること。

3 その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

 ア 原則として引き続き10年以上日本に在留していること。ただし、この期間のうち、技能実習・特別技能1号以外の就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。

 イ 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。公的義務を適正に履行していること。

※公的義務とは、納税や年金、健康保険料の納付や、入管等への必要な届出のことで、これらをきちんと行っていることを要します。

 ウ 現に有している在留資格について、最長の在留期間をもって在留していること。

 エ 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。