To those currently residing abroad

~現在、海外に居住されている場合

 

 現在、あなたが海外に居住されている場合、私たちが日本で「在留資格認定証明書」を事前に取得し、海外のあなた方に郵送します。あなたは、これを持って日本国大使館・領事館に査証発給の申請を行い、査証の発給を受けた後、日本上陸時に出入国港で入国審査官に提示することで、入国・上陸から在留資格の取得までの手続きをスムーズ、かつ確実に行うことができます。

 「在留資格認定証明書」は、日本での活動内容に合わせて、該当する在留資格のものが発行されます。就労や婚姻の場合、あなたがどこに就職するのか、誰と結婚するのか明確になっていることを文書で証明することが必要になってきます。

 全ての在留資格関係手続に共通することですが、あなたが日本でどのような活動を行うか、それがどの在留資格に該当するのか、そして、それが適法な在留となることを、証拠となる資料を収集・提出し、明確に示す必要があります。

 

 当所での具体的な手続きの流れは以下のようになります。(上陸予定日から3カ月以上の余裕をもって検討されることをお勧めします)

 ①打ち合わせ

    ↓

 ②在留資格認定証明書交付申請(法令上の標準処理期間1-3か月)

    ↓

 ③交付された証明書を海外の依頼者様ご自宅まで郵送

    ↓

 ④依頼者が自国の日本大使館・領事館にて、査証発給申請(通常2~3日)

    ↓

 ⑤入国・上陸


To those currently residing in Japan

~現在、日本国内に在留されている場合

 あなたが、現在、観光ビザなどの短期滞在で、既に日本に入国している場合、原則として他の在留資格への変更はできません。

 しかし、短期滞在の在留期間中に他の在留資格認定証明書の交付を受けることにより、在留資格変更申請が受理され、日本での在留を継続することができるケースもあります。

 ただし、このケースは例外であり、当初から在留資格の変更を予定していた等の意図が疑われたときには、変更ができないこともあります。

 また、国際結婚の場合、短期滞在の上陸時に日本人と結婚する意図を伝え、婚姻が偽装のものでなければ、在留資格の変更が認められます。
 あくまで例外として、これらのような方法も存在します。

 上記の方法で変更が認められない場合には、一旦出国して、上述の、「海外に居住されてる場合」と同様の手続きを経ることになります。